一橋大学

学生コメンテーター

EUワークショップ 2018年12月19日 学生コメント

2018年12月28日中西優美子(Yumiko NAKANISHI)

  法学研究科 法学・国際関係専攻 博士後期課程1年 氏名:鈴木海斗     以下では、2018年12月19日に行われました、EUワークショップにおける発表に関して、報告を行います。   一人目の発表者は、法学研究科博士2年の葉懿芳さんです。葉さんは、彼女の研究テーマである「国際刑事司法の実現における主権国家と国際刑事法廷の相互関係」における一つの論点として、「非締約国の事態に対する国際刑事裁判所の管轄権の法的根拠」に関して、発表を行いました。葉さんは、国際刑事裁判所(ICC)規程第12条、13条において、安全保障理事会によるICCへの事案の付託が許容されうることに鑑みて、それが非締約国においてもICCの管轄権が及びうることを意味するとして、その根拠に…MORE

EUワークショップ 2018年11月21日コメンテーター報告

2018年12月20日中西優美子(Yumiko NAKANISHI)

  法学研究科法学・国際関係専攻博士後期課程   石井雅浩     今回は2018年11月21日に行われたEUワークショップにおける法学研究科博士後期課程の鈴木海斗さんによる報告と社会学研究科博士後期課程の上野貴彦さんによる報告について、コメンテーターとして報告します。     1.鈴木報告「先住民族と少数民族の権利保護規範の比較」   鈴木海斗さんの報告は、冷戦終結後の国際社会において民族紛争への関心が高まってきた中で、先住民族と少数民族に関わる権利規範について集団の権利としての①文化に対する権利と②効果的参加権に主たる焦点を当てた比較分析を報告された。先住民族には少なくとも内的自決権が認められる中で、少数民族について内…MORE

EUワークショップのコメンテーターによるとコメント(2018年9月19日)

2018年9月19日中西優美子(Yumiko NAKANISHI)

  2018年9月19日EUWS   コメンテーター:吉本       1.木場さん『フランシスコ・デ・ビトリアにおける社会性』   木場さんは、スコラ学者が論じた社会性がリチャード・タックによっては十分に論じられていない点に注目し、スコラ学者の代表であるビトリアによる社会性に関する議論について報告しました。結論としては、ビトリアの社会性概念は、社会生活は人間の本質にとって欠かせないという考えと、人間同士の敵対性を取り入れた、平等な人間の結びつきをイメージする概念であったと示しました。   報告後には、報告内容の社会的背景の説明を求める意見が出され、また、社会観念に関する質問や、このテーマを取り上げる理由等に関する質問が出…MORE

2018年7月11日 EUワークショップコメント

2018年7月25日中西優美子(Yumiko NAKANISHI)

  法学研究科 法学・国際関係専攻 博士後期課程1年 氏名:鈴木海斗     ここでは、2018年7月11日に行われた、EUリサーチワークショップにおける発表について、報告いたします。   まず、1人目の報告者は、法学研究科博士3年の葉懿芳さんです。葉さんは、博士論文のテーマである「国際刑事司法の実現における主権国家と国際刑事法廷の相互関係」について報告されました。その研究における問題関心並びに設定としては、国際刑事裁判所(ICC)が、国際犯罪(コア・クライム)を裁くに当たって、締約国との間において競合する管轄権の問題をいかに解決するかを示すことにあるとしています。葉さんによると、ICCでは、その管轄権の在否を決定する際に、従来補完性の原則が適用されて…MORE

EUワークショップ コメンテーターコメント 2018年6月6日

2018年6月7日中西優美子(Yumiko NAKANISHI)

  法学研究科 法学・国際法専攻   博士後期課程3年 葉懿芳(ヨウイホウ)   今回は6月6日に行われたEUワークショップにおける経営管理研究科博士1年の李さんと法学研究科博士2年の吉本さんによる研究報告について、コメンテーターとして報告させていただきます。   報告者の李さんは、「日本水処理技術の歴史発展およびヨーロッパにおける技術応用―栗田工業の事例分析」に関する研究を報告した。その研究背景には、ヨーロッパが現在共有されている環境保護意識に基づく単一市場域内のすべての企業に高い環境基準を求めている。李さんは、そのなかの水処理技術に焦点をあたり、とりわけ日本を代表する栗田工業の事例分析を行う予定です。栗田工業はヨーロッパで成功を収めているものの、そ…MORE