一橋大学

アーカイブ 2020年6月

EUワークショップ 2020年6月24日 コメンテーターのコメント

2020年6月24日中西優美子(Yumiko NAKANISHI)

EUワークショップ2020年6月24日 コメンテーター:法学研究科修士課程1年 二見 華 報告者:小笠原宏輝さん「軍民両用問題と責任帰属問題に対する国際法規制」(宇宙空間の軍事利用の規制) 冒頭では、近年の宇宙開発が進んでいることから、宇宙空間の利用が商業利用においても活発になっていることに言及し、そのような中で宇宙空間の軍事利用の制限について議論されていることを説明されていました。 問題意識としては、上記の宇宙空間における軍事利用に関する議論が難航していると考えられる責任の「帰属」国の問題や、法の適用範囲の対象となるものの「定義」の困難さを挙げた上で、修論の方向性を明示し、さらに報告の中では、EUが規定する「宇宙行動規範」について触れ、その法的効力のなさから生じる軍事行動の制限への実効性の…MORE

EUワークショップ 2020年6月24日 報告者コメント

2020年6月24日中西優美子(Yumiko NAKANISHI)

EUワークショップ2020/06/24 報告者:小笠原宏輝(国際・公共政策大学院 (IPP) 1年)   IPP1年の小笠原です。EUワークショップでの報告は今回が初めてということもあり、本日は私の問題意識と研究方針を中心にお話させていただきました。現時点での研究のテーマは「国際法による宇宙空間の軍事的利用の規制」です。より具体的には衛星のデュアルユース問題や責任の帰属問題をどのように国際法で規律していくかについて研究しこうと考えています。以下ではまず私の問題意識について説明し、次に今後の研究の方針について簡単に紹介させていただこうと思います。   まず研究の前提となる問題意識についてです。宇宙空間の軍事安全保障上の重要性は1990年代以降、飛躍的に高まっているとされてい…MORE

EUワークショップ 2020年6月17日 報告者コメント

2020年6月18日中西優美子(Yumiko NAKANISHI)

EUワークショップ2020/06/17 報告者:大塚美穂 今回の報告では「気候変動レジームにおける大国の責任と米中関係――パリ協定の観点から」と題して、主にリサーチクエスチョンと現時点での仮説の提示を行った。 本論の目的は、2015年に採択されたパリ協定の成立に焦点を当て、先行研究で指摘される米国と中国の二国間‘協調’関係はなぜ生じ、進展したのか、そしてどのような条件下で協調が可能になったのかを明らかにすることである。気候変動問題は1992年の国連気候変動枠組条約以降に国際社会全体で取り組むべきグローバルイシューと認識されてきた。その後1995年から開始された締約国会議(Conference of Parties; 以下COPと表記)においては実質的な炭素排出量などをもとに先進国と途上国の対…MORE

EUワークショップ 2020年6月17日 報告者コメント

2020年6月18日中西優美子(Yumiko NAKANISHI)

EUワークショップ2020年6月17日 法学研究科修士課程1年 二見華 修士課程1年の二見です。今回は、EUワークショップにおいての発表が初回であったのと現在の研究状況を鑑みて、国内判例の紹介から始めてEU指令に関連付けて発表させていただきました。 著作権法には特許法101条のように「間接侵害」が明文規定されていないことに留意した上で間接侵害の論点である、侵害主体論について概要を説明し、前提として研究中の国内判例をいくつか取り上げました。国内の重要判例としてはカラオケ法理を最初に提唱した「クラブ・キャッツアイ事件」とカラオケ法理の判断基準を覆したともいえる「ロクラク事件」について取り上げ、間接侵害の侵害主体の射程設定の困難さを説明しました。最後に「TVブレイク事件」を取り上げることによって、…MORE

EUワークショップ 2020年6月17日 コメンテーターのコメント

2020年6月17日中西優美子(Yumiko NAKANISHI)

EUワークショップ 2020年6月17日 コメンテーター:上野 貴彦 発表者①大塚さん:「気候変動レジームにおける大国の責任と米中関係――パリ協定の成立から」 大塚さんは、2015 年に採択されたパリ協定の成立に焦点を当て、主要因となった米国と中国の二国間協調関係の進展とその条件を明らかにするための分析枠組みを検討しました。より具体的には、アリソンの政策決定モデルをいかに用いるか、現在までに析出できた関連事例の一覧を示しながら問題提起されました。 質疑応答では、竹村先生の質問をきっかけに、キーワードの定義をめぐる議論が展開しました。また、「EUの事例をいかに用いるか」という大塚さんご自身の質問に呼応する形で、大月先生や秋山先生がリプライされました。議論を通じて、環境保護をめぐる諸規範の世界的…MORE