一橋大学

EU法あれこれ(EU Law Topics)

EU条約の翻訳(Translation of EU Treaty)

2014年3月8日中西優美子(Yumiko NAKANISHI)

EU条約とEU運営条約は、EUの「憲法」とも言われる。EU条約及びEU運営条約の言語は、すべての構成国の公用語となっている。フランス語、ドイツ語、英語といった主要な言語のみならず、ラトビア語、スロベニア語、ギリシャ語なども等しく正式の言語となっている。ただ、日本はEUに加盟していないので(加盟国はヨーロッパの国に限定されている)、日本語は公用語ではない。 国際条約集(有斐閣)を見ると、EU条約及びEU運営条約の日本語版が載っている。これは、翻訳であり、また外務省の公定訳でもない。条約集には、有斐閣からでているものだけではなく、他の出版社からでているものもあり、その訳語は必ずしも同じではない。 私は縁があって、リスボン条約が2009年12月1日に発効し、大幅にEU条約等が改正されるにあたって、…MORE