一橋大学

報告者コメント

2017年5月31日 EUワークショップ

2017年6月14日中西優美子(Yumiko NAKANISHI)

  EUワークショップ 2017年5月31日 報告者   法学研究科博士1年 葉懿芳   法学研究科博士2年 葉懿芳ヨウイホウ)と申します。5月31日のEUワークショップにおいて報告の機会をいただき、博士後期課程における研究計画について報告いたしました。研究テーマは国際人権犯罪の刑罰における国家の役割である。   修士論文において取り上げたベルギーとスペインの事例研究は、第三国の普遍的管轄権の行使をめぐる論争について、司法能力の観点から検討したものである。博士課程一年においての研究は、当第三国(EU加盟国)における国際犯罪を犯したまたは容疑がある庇護申請者に対する、法的不安定な現状をリサーチペーパーにまとめた。これまでの研究は、当事国でない第三国による…MORE

5月24日 EUワークショップ 報告者コメント

2017年6月12日中西優美子(Yumiko NAKANISHI)

  2017年5月24日 EUワークショップ報告者コメント     法学研究科 博士後期課程 本庄萌       2017年5月24日のEUワークショップでは、「動物法の理論と個別的な動物福祉法の分析: 日・欧の畜産動物福祉法に関する比較検討」と題した発表をさせていただいた。これまでEUの個別的な法、とりわけEUの畜産動物福祉法や実験動物福祉法の法制度の内容や運用状況について報告を行ってきたが、今回はそれらの背景となる基礎理論の整理を試みた。これにより、EUにおける動物法の特徴への理解を深め、理論と実践を架橋する研究への足がかりとした。     報告後の質疑応答では、様々な質問、コメントをいただいた。なかでも、今…MORE

5月10日のEUワークショップの報告

2017年6月1日中西優美子(Yumiko NAKANISHI)

  2017年5月10日 EUワークショップ報告者コメント       社会学研究科 博士後期課程(国際社会学)     上野貴彦     2017年5月10日のEUワークショップにおいて「移民をめぐる「うわさ」への対抗実践にみる多文化主義の刷新―『バルセロナ反うわさ戦略』 生成過程から―」と題した研究報告を行った。今回の報告では、移民に対する否定的な「うわさ」への市民ぐるみの対抗を促す試みである「バルセロナ反うわさ戦略」が、いかなる歴史・空間的背景に規定された条件・相互作用の中で、いかなる主体が、どのような問題意識から2010年に生成したのかを問うことから、多文化主義刷新の過程への社会学的接近を試みた。 &nb…MORE

2017年1月11日 EUワークショップ報告者コメント

2017年2月25日中西優美子(Yumiko NAKANISHI)

法学研究科 法学・国際関係専攻 博士後期課程 石井雅浩 2017年1月11日のEUワークショップにおいて「エネルギー政策のレベルと意思決定過程」と題した研究報告を行った。今回の報告では、EUのエネルギー政策の策定について、暫定的に①戦略立案レベル、②立法行為レベル、③政策実行レベルの3つのレベルから、①エネルギー同盟政策、②IGA決定、③PCIの3事例を取り上げ、EUのエネルギー政策の意思決定に関わるアクターとその役割を各レベルで検討した。 1.戦略立案レベル 戦略立案レベルの主たるアクターとして欧州理事会、理事会及び欧州委員会を挙げた。意思決定は、主に欧州理事会が理事会及び欧州委員会に対し要請し、それを受けて戦略などが策定、報告され、最終的に欧州理事会が報告内容について合意を与え、EUとし…MORE

EUワークショップ 報告者コメント (2016年12月11日)

2017年1月25日中西優美子(Yumiko NAKANISHI)

EUワークショップコメント(12月11日発表分) 法学研究科修士課程2年の川上です。 12月11日の発表では、私の修士論文の目次をもとに論文の枠組みの説明を致しました。国際人道法と国際人権法の交錯が適用範囲の問題ではなく、法体系間で生じていることを歴史的経緯、両法の関係に関する理論、そして適用範囲から説明しました。 国際人権法という名称は新しいものであり、その名称変更とともに性格の変化が起きていることを中世における騎士道からアンリ・デュナンの『ソルフェリーノの思い出』、そして世界大戦後の戦争違法化と国家の法益から個人の法益へという視点転換からjus ad bellumとjus in belloの関係を記述し、特にhumanity(人道性)という語がリーバー法典では騎士の美徳とされていたものが…MORE