一橋大学

アーカイブ 2015年6月

EUワークショップ・報告者コメント(2015年6月17日分)

2015年6月26日法学研究科

皆さん、こんにちは。法学研究科博士後期課程の周です。この夏学期の一回目のEUワークショップで企業結合規制の欧中比較研究(5)を発表して、ここで発表内容をまとめて報告させて頂きます。 今回は、引き続き中国版の問題解消措置に関する研究を報告しました。商務部独占禁止局の公表情報により、2015年3月現在、企業結合案件は合計912件が審査済である。審査済事件の中、禁止事件2件(コカ・コーラ事件、P3ネットワーク結成事件)、条件付き承認24件、無条件承認886件が含まれている。中国はEUと同じく、問題解消措置は構造に関する措置と行動に関する措置に分けて、そして実際にどちらにも属しない「特別措置」も存在しています。そして、行動に関する措置の中、「独立運営」という深く考えれば理不尽な措置も採られています。…MORE

EUワークショップ・学生コメント(2015年6月17日分)

2015年6月26日法学研究科

こんにちは。法学研究科修士1年の川上愛です。 2015年6月17日に行われた周さんの研究報告について稚拙ながらもコメントを書かせていただきます。企業統合規制の欧中比較研究の5回目の報告は、中国の問題解消手続についてEUの同手続きと比較した上で、「独立運営」という中国独特の措置に注目し、その措置が取られたケースを元に「独立運営」の意味と効果に焦点を当てていました。 まず前回までの概要として、企業の混合合併は時として競争上の懸念が生じる場合があり、その時にはこの合併に対して規制(問題解消措置)が課せられますが、その規制の仕方にはEUと中国では差異があることが明らかになりました。まず、EUと中国両者に共通する行為的問題解消措置(Behavioral Remedies)と構造的問題解消措置(Stru…MORE

EUワークショップ・学生コメント(2015年6月3日分)

2015年6月26日法学研究科

法学研究科博士課程1年 菅沼 博子 法学研究科博士課程1年の菅沼と申します。 6月3日のEUワークショップでの2つの報告のテーマ(報告内容の詳細については各報告者の報告記事をご覧ください)と所感をお伝えします。 1人目の報告者として、国際・公共政策大学院修士課程2年の葉懿芳さんが、重大な人権侵害に対する普遍的管轄権行使について、ドイツ・ベルギー・スペインの事例を中心に報告されました。 台湾において、中国の法輪功迫害の刑事告発事件をきっかけに問題関心を深めている葉さんの報告は、国際的に人権を実効的に保護するための方策を考えるにあたり、示唆に富むものであると思います。 2人目の報告者の社会学研究科博士課程1年の南波慧さんは、近時の欧州への人の移動をめぐる問題状況について報告されました。 南波さん…MORE

日本EU学会

2015年6月18日中西優美子(Yumiko NAKANISHI)

日本EU学会の学会は、今年は11月21日、22日に関西大学であります。 来年、2016年度は、11月に一橋大学で開催予定です。 院生の方も入会できます。年会費は、5000円です。 現在、理事を務めていますので、希望者は、私にご相談いただければと思います。 http://eusa-japan.org/contents_JPN/nyuukai_jpn.htm  

臼井陽一郎編『EUの規範政治』ナカニシヤ出版

2015年6月16日中西優美子(Yumiko NAKANISHI)

オムニバス講義「EU論」を担当していていただいている、臼井陽一郎先生編『EU規範政治』2015年ナカニシヤ出版が出版されました。 EUの規範力にEUワークショップの議論の中でも言及されましたが、それについて、色々な角度から検討した本です。 http://www.nakanishiya.co.jp/book/b200748.html