一橋大学

アーカイブ 2019年10月

EUワークショップ 2019年10月16日 報告者コメント

2019年10月18日中西優美子(Yumiko NAKANISHI)

報告者:法学研究科 吉本文   前回に引き続き、「CFSPの共同体法秩序化」というタイトルの下、CFSPに関する事件にもCJEUの裁判管轄権が及ぶ現象をどのように説明できるかについて報告させていただきました。   前半では、モーリシャス海賊引渡事件判決、Elitaliana事件判決、H事件判決では、CFSPと他の政策に共通して適用される手続の存在が、裁判管轄権が認められた根拠とされている旨を報告しました。報告の後半では、そうした手続の存在が裁判管轄権の理由となることを説明しうる理論を提示するために、衛星センター事件判決を取り上げました。その結果、CFSPに関する事件の当事者と他の政策に関する当事者との間で裁判管轄権の有無に差を設けると、同じ手続に関する事件であるにもかかわ…MORE