一橋大学

EUワークショップ・報告コメント(7)

2014年7月15日法学研究科

社会学研究科地球社会研究専攻修士課程2年 南波慧 筆者は、昨年からEUワークショップで「〈境域〉のポリティクス」と題して現代欧州のボーダーに関する問題について発表してきた。これまでの、発表を要約すると、第一回では地中海の域外国境における非正規移民の状況について検討し、第二回では領域的に境界づけることの正統性をアメリカの政治哲学者マイケル・ウォルツァーの議論を基礎に検討した。第三回となる、今回は欧州の法レジーム——具体的にはEU法と欧州人権条約——がどのように「難民」に対して機能しているかノンルフールマン原則を鍵に検討した。 迫害の可能性がある国へ送還することを禁止する、ノンルフールマン原則は普遍的次元においては難民条約と拷問等禁止条約により規定されている。双方の差異は、難民条約は対象者が広い…MORE

EUワークショップ・コメンテーター(2)

2014年7月15日法学研究科

社会学研究科地球社会研究専攻2年南波慧 今回は、加藤さんが「欧州統合に関する歴史言説」、永島さんが「EUの移民政策の共通化の進展と、極右政党の台頭の関係」と題して発表をした。 加藤さんは、昨年から引き続きオットー・フォン・ハプスブルクというハプスブルク家に出自を持つ人物のテクストを中心に分析を進められた。具体的には、ハプスブルクが1967年に発表した神聖ローマ皇帝カール5世の評伝を分析しその中に見られる、ハプスブルクのヨーロッパ観、政治的スタンスを明らかにしていた。やや強引な歴史的アナロジーとして欧州の中心としての「ブルゴーニュ」を位置づけている点が興味深かった。 永島さんも昨年から引き続き、EUの移民政策についての検討を進められた。今回の発表では、移民政策の共通化と欧州諸国で近年台頭が見ら…MORE

EUセミナーのお知らせ

2014年7月10日中西優美子(Yumiko NAKANISHI)

八王子セミナーハウスで、9月19日~21日において、2泊3日で複数の大学教員による、EUセミナーを開催します。今年で3回目になります。いつも人気のセミナーで、期限前に定員が埋まりますので、早めに申し込みしてくださいね。 EUに関心がある人は、参加してください。 EUセミナー http://www.seminarhouse.or.jp/seminar_kaisaiichiran/3eu_3.pdf      

3分で分かるEU法

2014年7月8日中西優美子(Yumiko NAKANISHI)

一橋大学の広報誌HQの夏号(vol. 43)にEU法研究についてのインタビュー記事が掲載されました。だいたい1時間のインタビューがA4で2枚の文章にまとめられています。 EU法との出会いやEU法への興味などを含めEU法について概説していますので、よかったら読んでみてください。 http://www.hit-u.ac.jp/hq/vol043/pdf/hq43_32-33.pdf http://www.hit-u.ac.jp/hq/vol043/index.html

報告者コメント(6)

2014年7月8日法学研究科

2014年6月18日(水)6限時報告 経済学研究科 比較経済・地域開発専攻修士課程2年 EM134004 今西雄也(Yuya Imanishi)   今回の本ワークショップでは、「EUにおける航空輸送の自由化(オープンスカイ)政策と対日EPA(経済連携協定)」について報告しました。これまでの報告ではEUやASEAN(東南アジア諸国連合)の自由貿易協定(FTA)やEPAでの戦略の違いや、関税同盟や国際通商政策の歴史的展開と制度面での考察を行ってきました。具体的には、EUとASEANの「共同体」としての貿易協定締結の可能性を探ることや、各種貿易交渉での関税撤廃の経緯、Eurostatなど様々なデータベースを用いた国際貿易の現状や推移の分析を行うといったことが主な内容です。今回は、修士論…MORE