一橋大学

報告者コメント

EUワークショップ報告者コメント(3)

2014年5月19日lawit

こんにちは、法学研究科修士課程1年の石井雅浩と申します。 4月に入学し、まだまだ環境に馴染むのに精一杯の時期でもあり、また修士課程をどのようなものにするかを日々悩んでいるわけですが、今回は、先日(4月30日)行った、このプログラムでの研究計画の発表についてです。 私は、ロシアとEUとの関係、特にエネルギー関係に関心があり、修士課程での研究テーマは、「ロシアとEUのエネルギー関係を秩序づけるものはなにか」というものです。法学研究科で国際関係を専攻し、安全保障論と国際政治学の両側面からエネルギー安全保障論に取り組んでいく計画です。 こちらでは、EU研究共同プログラムという名前の通り、ヨーロッパ関連のさまざまな研究領域を専門とする各研究科の先生、先輩、同期からアドバイスや批評を頂ける貴重な場所とし…MORE

EUワークショップ報告者コメント(2)

2014年5月1日lawit

EU研究共同プログラム 第1回 研究計画発表 言語社会研究科 修士課程1年 LM141003 岡田篤旺 この度の発表では、自分の研究テーマ「アイデンティティー形成における言語イデオロギーの役割の比較分析——小規模集団の使用言語状況の比較より」について、大変多くの新しい視点から、さらに詳細に検討しなければならない課題を指摘していただき、とても気付きの多い議論をさせていただくことが出来ました。 秋山先生からご指摘いただいた、「政策」とイデオロギーの差異、その両者の境界の策定ということに関して、専攻研究をもっと多角的に吟味すること、さらには、イデオロギーが噴出する場としての「日常」を扱った、エスノグラフィー研究の文献調査を綿密に行わなければいけないということを再確認させられました。さらに、比較研究…MORE

EUワークショップ報告者コメント(1)

2014年4月30日lawit

研究計画発表 第一回 先週水曜日(4月23日)のEUリサーチワークショップで研究計画発表をしました、社会学研究科修士一年の上野と申します。 4月に入学したばかりの我々修士一年生にとっては実質初回のEUワークショップ。まだ具体的な点について何も詰めることのできないままだからこそ、各研究科の先生方や先輩たちからアドバイスを頂きたく、まだ整理されていない考えを思い切って述べてしまいました。あたたかくも鋭い指摘を多数頂け、良いスタートになったと感じています。 修士論文を書く上での私の主関心はイタリアにおける移民をめぐる状況の地域レベルにおける変化にあるのですが、このEU副専攻においては視点を変え、現在EU内の様々な地域で進行しているユーロリージョンの比較から出発することにしました。 ユーロリージョン…MORE