一橋大学

お知らせ(Information)

秋山晋吾先生『姦通裁判』星海新書 2018年

2018年5月3日中西優美子(Yumiko NAKANISHI)

EUワークショップを担当されている、社会学研究科の秋山晋吾先生が、『姦通裁判ー18世紀トランシルヴァニアの村の世界」星海新書 (2018年)を刊行されました。 https://www.amazon.co.jp/姦通裁判-―18世紀トランシルヴァニアの村の世界―-星海社新書-秋山-晋吾/dp/4065116368

EUSI(EU Studies Institue in Tokyo)のArchive

2018年4月1日中西優美子(Yumiko NAKANISHI)

  EUSI (EU Studies Institute in Tokyo) は一橋大学,慶応義塾大学,津田塾大学によるコンソーシアムで,EUに関する理解を深め,広めることを目的とした,教育・研究・広報拠点として,第一期2009年~2013年3月,第二期2013年4月~2017年3月まで活動しました。 活動の一環として、メールマガジンを発行し、毎回EUにまつわるコメンタリーを寄稿してもらってきました。また、シンポジウムの成果の一部をホームページで発表していました。 そのような財産を以下のサイトにArchiveとして掲載しています。どうぞご利用ください。   http://www.hit-u.ac.jp/kenkyu/eusi/archive.html

Open Access Book, Contemporary Issues in Human Rights Law: Europe and Asia, Springer

2017年11月10日中西優美子(Yumiko NAKANISHI)

EUSI(一橋大学、慶應大学、津田塾大学のコンソーシウム)の活動は、2017年3月末で終了しましたが、そのシンポジウム「ヨーロッパとアジアにおける人権問題」の成果を本として出版したものが公表されました。 オープンアクセスので、誰も無料で読むことができます。 リンクをはっておきます。 Yumiko Nakanishi (ed.), Contemporary Issues in Human Rights Law: Europe and Asia, 2018, Springer. http://www.springer.com/gb/book/9789811061288 本は、10人で執筆しています。 一橋大学から只野雅人先生、竹村ひとみ先生と私(中西優美子)、 他大学からは大藤紀子先生(獨協大学…MORE

本の紹介(EUワークショップ所属の大学院生本庄萌さんの書いたもの)

2017年8月11日中西優美子(Yumiko NAKANISHI)

本庄萌『世界のアニマルシェルターは、犬や猫を生かす場所だった。』(ダイヤモンド社、2017)     著書紹介:     本書『世界のアニマルシェルターは、犬や猫を生かす場所だった。』は、動物保護施設(アニマルシェルター)の訪問を通して、人と動物の関係を考えることをテーマにしている。   「ペットは家族である」という認識が一般的になりつつある今でも、日本では1時間に8匹の犬猫が安楽死処分されている。そのひとつの要因は、保健所と呼ばれてきた動物保護施設が、閉ざされた場所であり続けてきたことである。しかし、筆者が訪問し始めた11年前と比較すると、 日本の動物保護施設は、公営、民営問わず着実に変わりつつあり、 譲渡(新しい飼い主探し)に向けた様々な…MORE

日EU 首脳会談 個人データ移転

2017年7月7日中西優美子(Yumiko NAKANISHI)

2017年7月6日に日EU首脳会談が開催され、EPAとSPAにつき大枠合意がなされた。 その会談では、個人データ移転もテーマであった。 EUでは、忘れられる権利、アメリカへの個人データ移転を問題としたセーフ・ハーバー決定に関する判決並びに個人データ保護規則の採択など、近年になり、個人データ保護をめぐる話題が多い。個人データ保護規則は第三国への個人データの移転を規定しているが、それは個人データ保護がEUと相当なレベルで行われている国への移転に限定される。 今後、これをめぐる問題が重要になってくる。 http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000270697.pdf https://eeas.europa.eu/delegations/japan/29317/node…MORE