一橋大学

お知らせ(Information)

本の紹介(EUワークショップ所属の大学院生本庄萌さんの書いたもの)

2017年8月11日中西優美子(Yumiko NAKANISHI)

本庄萌『世界のアニマルシェルターは、犬や猫を生かす場所だった。』(ダイヤモンド社、2017)     著書紹介:     本書『世界のアニマルシェルターは、犬や猫を生かす場所だった。』は、動物保護施設(アニマルシェルター)の訪問を通して、人と動物の関係を考えることをテーマにしている。   「ペットは家族である」という認識が一般的になりつつある今でも、日本では1時間に8匹の犬猫が安楽死処分されている。そのひとつの要因は、保健所と呼ばれてきた動物保護施設が、閉ざされた場所であり続けてきたことである。しかし、筆者が訪問し始めた11年前と比較すると、 日本の動物保護施設は、公営、民営問わず着実に変わりつつあり、 譲渡(新しい飼い主探し)に向けた様々な…MORE

日EU 首脳会談 個人データ移転

2017年7月7日中西優美子(Yumiko NAKANISHI)

2017年7月6日に日EU首脳会談が開催され、EPAとSPAにつき大枠合意がなされた。 その会談では、個人データ移転もテーマであった。 EUでは、忘れられる権利、アメリカへの個人データ移転を問題としたセーフ・ハーバー決定に関する判決並びに個人データ保護規則の採択など、近年になり、個人データ保護をめぐる話題が多い。個人データ保護規則は第三国への個人データの移転を規定しているが、それは個人データ保護がEUと相当なレベルで行われている国への移転に限定される。 今後、これをめぐる問題が重要になってくる。 http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000270697.pdf https://eeas.europa.eu/delegations/japan/29317/node…MORE

日本EU EPAとSPA関連文書

2017年7月7日中西優美子(Yumiko NAKANISHI)

予定通り、2017年7月6日に日本とEUの間でEPAとSPAの大枠の合意がなされました。 これまで交渉の文書の公開があまりなされてこなかったのですが、 現在、いくつの文書を見ることができるようになっています。 EUのサイト http://ec.europa.eu/trade/policy/in-focus/eu-japan-economic-partnership-agreement/ http://ec.europa.eu/trade/policy/in-focus/eu-japan-economic-partnership-agreement/meetings-and-documents/ http://trade.ec.europa.eu/doclib/cfm/doclib_secti…MORE

日EUのEPAとSPAの合意 (2017年7月6日)

2017年7月6日中西優美子(Yumiko NAKANISHI)

EU MAGは、EU代表部(大使館のようなもの)が発行しているWEB Magazineです。 EUの最新情報が解説つきで得ることができます。 最新の情報は、日EUのEPAとSPAです。 以下の記事がでています。 2017年7月6日、欧州理事会のドナルド・トゥスク議長と欧州委員会のジャン=クロード・ユンカー委員長はブリュッセルで、日本の安倍晋三総理大臣と日・EU首脳協議を開催する。協議においては、2013年より交渉中の日・EU自由貿易協定(経済連携協定)と日・EU戦略的パートナーシップ協定について双方の首脳が政治的合意(大枠合意)を発表することが期待されている。 (EUMAG) http://eumag.jp/events/g070417/   日EUの交渉は、2013年から約4年続…MORE

日本EUのEPAと動物福祉

2017年7月4日中西優美子(Yumiko NAKANISHI)

現在、日本とEUは、2013年から開始されたEPA/FTA交渉の大詰めを迎えている。その中でEUの動物福祉(Animal welfare)が合意のネックになっている。 今回は、EUの動物福祉にかかわる文献を紹介したい。EUの面白さやEU法を学ぶ意義も知ってほしい。 EUと第三国とのFTAに挿入されている動物または動物福祉規定について分析したものとして、 ・Yumiko Nakanishi, “Animal Welfare in the European Union’s External Relations Law”, in Jeremiah Weaver (ed.), Animal Welfare,  2016, Nova Science Publsihe…MORE