一橋大学

お知らせ(Information)

一橋EU法研究会 ホームページのアドレス変更 → https://sites.google.com/site/eulaw1285/home

2019年9月20日中西優美子(Yumiko NAKANISHI)

一橋EU法研究会を2015年から原則月1回の割合で開催しています。   研究会のアドレスが、変更になりましたのでお知らせします。 https://sites.google.com/site/eulaw1285/home   研究会の予定は、 https://sites.google.com/site/eulaw1285/2015plan   研究会への参加及び報告希望は随時受け付けています。 yumiko.nakanishiアットマークr.hit-u.ac.jp 中西優美子(一橋大学)

大月康弘先生訳『ヨーロッパとゲルマン部族国家』白水社 刊行

2019年5月24日中西優美子(Yumiko NAKANISHI)

EUワークショップを担当していただいている、大月康弘先生が翻訳されました、『ヨーロッパとゲルマン部族国家』が刊行されました。   https://www.hakusuisha.co.jp/book/b451451.html   以下、白水社のホームページからの抜粋です。   内容説明 古代末期から中世初期まで最新の研究成果を踏まえた一冊ローマと蛮族の接触によって、西欧社会はどう変容したのか。最新の研究成果を盛り込み、ゲルマン人諸部族の動勢に的確な展望を与える。[目次]序論第一章 帝国侵入以前の蛮族 Ⅰ 量的に乏しく信憑性に欠ける史料 Ⅱ 大移動のテーゼ Ⅲ 前進的な民族形成のテーゼ Ⅳ ローマの影響によって蛮族がアイデンティティを獲得したというテーゼ第二章 ロー…MORE

本の紹介『亀裂ー欧州国境と難民』(花伝社)

2019年5月15日中西優美子(Yumiko NAKANISHI)

EU研究共同プログラムを履修中の社会学研究科の上野貴彦さんが、『亀裂ー欧州国境と難民』花伝社(2019年)を訳しました。 上野さんは、ヨーロッパの移民問題を研究しています。   https://www.amazon.co.jp/亀裂―欧州国境と難民-ギジェルモ-アブリル/dp/4763408860/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&keywords=%E4%BA%80%E8%A3%82&qid=1557920463&s=gateway&sr=8-1   内容紹介 ヨーロッパに押し寄せる移民・難民たち 地中海、国境地帯で、何が起こっているのか? サブサ…MORE

一橋EU法研究会 ミニ・シンポ「Brexitにかかわる法的問題」2019年7月20日

2019年5月9日中西優美子(Yumiko NAKANISHI)

  一橋EU法研究会 ミニ・シンポジウム「Brexitにかかわる法的問題」   2019年7月20日(土)9時~19時   場所 一橋大学(国立)東キャンパス第3研究館3階共用会議室     9時 主旨説明    9時10分~9時50分 中西優美子(一橋大学大学院法学研究科教授)   「Brexitのための離脱協定とイギリスにおける離脱後のEU法の適用について」(仮)   9月50分~10時30分 木村ひとみ(大妻女子大学社会情報学部准教授)   「イギリスのEU離脱(Brexit)とEU・イギリス環境法への影響」   10時40分~11時20分 佐藤智恵(明治大学法学部准教授)  …MORE

2019年 春夏学期のスケジュール

2019年4月12日中西優美子(Yumiko NAKANISHI)

場所は、303です。 4月10日 ガイダンス、自己紹介、日程決め、その他の説明 5月8日 新入生(5人)の報告 5月22日 鈴木、吉本 コメンテーター小原 6月19日 張、小原  (コ)鈴木 6月26日 大塚、謝  (コ)レオ 7月3日 龐(ホウ   (コ)吉本 7月17日 若松、レオ  (コ)張